アメリカへのスイス人旅行客増加

 昨年、2007年のアメリカへの外国人旅行客は、5670万人と前年に比べ10%UPした。スイスからの旅行客は20%増(TUI)、ドル安の影響がかなり大きく、スイス人のとっては非常に魅力的な旅行先となっています。(KUONI)

 ショッピングや食事などのコストが、ドル安によって魅力的になっている一方で、ホテル宿泊代やアメリカ国内線の航空運賃は下がらなかった。理由は、ドル安にて生じた旅行客の多さ、高需要にもあるが、アメリカ国内の人が海外への旅行を控え、国内で済ませた事も理由にあげられる。

 スイス人に人気の主要な旅行先は、ニューヨーク、マイアミ、サンフランシスコなどの西海岸、ラスベガスやナショナルパークといった観光地で、いずれの都市も観光収入が大幅に増加した。