スイスで日本のTVを視聴する

 ブロードバンドも大きな成長を遂げ、この数年で欧州のインターネット環境も随分と良くなりました。YOU TUBEをはじめとする無料動画配信サービス等も出てきて、海外にいても日本の番組を見れるようになりました。ここではインターネットを利用した日本のTV視聴方法を紹介したいと思います。

<ソニーロケーションフリーTV>
 まずはロケーションフリーTV。これはソニーが出したインターネット回線を利用した方法で、時差なく日本のTVが視聴できます。

 簡単に説明をすると、日本でロケーションフリーTVのベースステーションといういわゆるレシーバーを購入し、日本のTVアンテナを接続します。同時にブロードバンドLANケーブルも接続します。そして、TV画像を受信するパソコンにソフトウェアをインストールします。ベースステーションからはIDとパスが発行されますから、それをパソコンの方へ入力し、ベースステーションの設置地域を選択すると、チャンネルが自動設定されますので、あとは接続ボタンを押せば日本のTVが視聴できます。ベースステーションの設置場所が東京なら東京の番組が、大阪なら大阪の番組視聴が可能です。

 最近では録画機能のあるDVDなどを設定して、これも遠隔で海外からでも録画設定を行うことが出来るようになりました。問題の画質ですが、インターネットの速度によりますので、速ければ速いほどきれいに映ります。

 既にこの視聴方法で試された方も多いと思いますが、これには日本に協力者が必要です。
ベースステーションを常にインターネットとTVアンテナに接続しておく必要があるため、日本側でのブロードバンド環境の確保が条件です。それには当然コストも掛かりますし、電気代も掛かります。
 日本の実家に設置するケースが多いようですが、必ずしも実家にインターネットの回線があるとも限らないですし、友人に頼むにもちょっと気が引けるという方も多いでしょう。
そんな方はやはり何の設定も要らない、ネットで配信されているサービスを利用しているようです。

<KeyHoleTV KeyHoleVideo>
 無料配信のサイトはたくさんありますが、その中からひとつ紹介します。
KeyHoleTVです。これは、視聴者用と配信者用があり、番組を視聴するだけではなく、自分が番組を配信することも出来るというものです。ユーザー登録等はなく、サイトのTOPページから無料ソフトをダウンロードするだけで、すぐに日本のTVが視聴できます。ダウンロードの手順も掲載されていますので、分かりやすく簡単です。
 ただ、画質は最初に紹介したロケーションフリーTVよりは落ちてしまいますが、複数のチャンネルを同時に表示することも可能なので、いくつか同時に番組チェックをしたい方には便利でしょう。ただし、NHKは視聴が出来ないようです。
ダウンロードはこちら
インストール手順はこちら

<JSTV>
インターネットがあってもなくても、やはり衛星アンテナを使って日本のTV番組をご覧になりたい方はお馴染みJSTVでしょう。

「JSTVは日本の“今”を伝える、欧州・中東・ロシア・北アフリカで唯一の日本語衛星放送局。
ライフラインとしてのニュースは原則として日本と同時放送、ほかの番組はヨーロッパの生活時間に合わせて編成・放送しています。
メインチャンネルのJSTV1は、1日24時間日本のテレビ番組が楽しめます。また、サブチャンネルのJSTV2では1日5時間のテレビ番組とともに、「ラジオ日本」がいつでも楽しめます。」
(JSTVホームページより)

日本と同時刻で見れるNHKニュースは魅力です。上記で紹介したKeyHoleTVでは、NHKは視聴できません。
ドラマ、アニメも充実しているので、インターネット回線の速度を気にせず、自宅のTVで見れます。
視聴には、アンテナ、デコーダ、JSTVカード等が必要になります。入会の案内もホームページ内にありますので、アンテナの設置などお問い合わせが出来ます。NaxooもしくはGGA Maurのケーブルテレビサービスを通じてもJSTVをご視聴いただけます。
JSTVのご入会はこちら
JSTVホームページ